hotels⑧

0V3A8512

 

2015年12月25日のクリスマスに宿泊した、箱根・翠松園です。

国登録有形文化財に指定されている、翠松園(レストラン、BAR)を

囲うように、ロビー棟、宿泊棟などの新築建築が配置されている旅館です。

0V3A8260

0V3A8252

上の写真が三井家の別荘だった、国登録有形文化財に指定されている、翠松園です。

0V3A8491

0V3A8475

欄干、漆喰壁、網代、束石、雨道

和風建築がたいへん勉強になります。

0V3A8456

室内はこんな感じで、モダンに調和されていました。

0V3A8241 0V3A8226 0V3A8233

新築の客室等は、比較的シンプルな洋スタイル(ホテル)です。

源泉かけ流しの、半露天風呂付きの客室です。

今回は60㎡プレシャススイートツインの明(あかり)の客室です。

0V3A8279

0V3A8294

和食のコース料理です。

食べるのに夢中で、写真は以上です。

とてもおいしかったです。

—おまけ—

IMG_4717

 

ランチにおすすめ!

箱根宮ノ下にある、鮨 みやふじの鯵丼です。

相模湾で水揚げされた鯵をつかった鯵丼です。

あじ好きにはたまりません。

 

 

 

hotels⑦

2014年3月に宿泊した、箱根 宮ノ下温泉  箱根吟遊です。

斜面に建物が配置されていて、最上階のロビーから

館内へ入り、絶景の箱根連山を眺め感動を得ながら

各階の客室へ降りていく旅館です。

インテリアは、少しオリエンタルな要素がありつつ

館内は、ロビーから廊下まで畳敷きとなっており

下足を脱いで、白足袋で寛げるようになっていました。

0V3A2908

 

今回は1階の、露天風呂、テラス付 専有面積100㎡の月に宿泊しました。

0V3A2847

内風呂もあります。

0V3A2763

足を伸ばせる、堀り炬燵式になっていて、リラックスできます。

0V3A2817

今回食事は、別の部屋で頂きましたが、通常は部屋食可能です。

料理の写真一枚しか撮っていませんでした。

また写真はありませんが、5Fには共用の露天風呂があり

景色と一体になれるインフィニティ風呂が利用できます。

0V3A2790

1F明星では、風呂上りには、ドリンクのサービスがあり、

最高の時間を味わえます。

0V3A2909

 

ラウンジは二ヶ所あり

5Fラウンジでは、箱根連山の四季折々の景色が楽しめます。

0V3A2977

5F最上階ロビーからの眺め

0V3A2988

ロビーのおりあげ天井、開放感があります。

建築様式から少しオリエンタルを感じます。

 

今回も大変勉強になりました。

およそ20室の客室と、付帯施設が

共用露天風呂、エステスパ、バー、ラウンジ 一階の水辺と五階の絶景の2ヶ所

と大変充実していました。今度は違う部屋に泊まってみたいです。

~ おまけ ~

0V3A2998

 

およそ一年後、2015年5月に火山活動の活性化により

立ち入り禁止になってしまった、大涌谷の地獄谷。

現在は2016年7月より、一部エリアを除き

立ち入り規制が解除されたようです。

地面から湧き出る蒸気をみると、自然の力を感じます。

 

あけまして おめでとうございます-2018-

D+

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

昨年は、おかげさまで色々な物件の設計に、携わることができました。

プロジェクトの方々、ご協力チームの方々

色々と、ありがとうございました。

 

てんぷら山の上GINZA GINZA SIX店(2017.4)

駿河台にホテルを構える、老舗ホテルのてんぷら店

10Mの檜カウンター、ジョージナカシマの桜製作所の家具等

こだわり満載です。

 

SANGA(会員制レストラン) (2017.7)

和のデザイン、檜カウンター、織部焼タイル、

瓦タイルなど上質な空間の会員制レストラン。

 

高級旅館、飲食ビル、プールサイドレストラン等

昨年に引き続き進行中です。

 

その他、デザインワーク、CG作成等も色々とお世話になりました。

 

これからもご期待に添えるよう、経験と研究を重ねて行きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

金子 倫明

 

・・・notes・・・

IMG_0095

ホームページリニューアルに続き

今年も年賀状は、ナオタツ君のデザインです。

印刷用ニスを厚く塗り、凹凸をつけ、光沢感の文字に

光が反射すると、光沢、マットの陰影がでて、よい感じに仕上がりました。

・・・ One Knot Design・・・

奥田直辰

ロゴ、フォント、グラフィック、ブランディング全般

http://oneknot.jp/  

三月にホームページリニューアルオープンするらしいので

のぞいてみてください。

 

 

 

 

 

 

てんぷら山の上GINZA GINZA SIX店

今年ラスト、年内すべりこみセーフの

WORK(作品)のご紹介です。

2017年4月20日グランドオープンのGINZA SIX 13階

てんぷら山の上GINZAのご紹介です。

02

なんと環境デザインしたのは、あのフランス人デザイナー

CURIOSITYの担当O氏。

O氏とは、下積み時代を共に切磋琢磨した仲間で、

現在も交流のある仲間の一人です。

O氏が担当したプロジェクトに、デザインできるとは、

すごくうれしいことでした。

案件自体が莫大の計画で、およそ1年かかりのプロジェクトでした。

みなさんの努力、協力もあり、すばらしい店舗に仕上がりました。

04

お施主様与えられたコンセプトは、創業63年の山の上ホテルのてんぷら

その伝統をまもり、奇抜をさけ、

奇をてらわない空間とのことでした。

エントランスから、ほど近くに配置された茶屋(イメージ)を通り

ホールへたどり付くレイアウトは、

外路地を通り、中門(迎え付け)を通り、にじり口から茶室(ホール)に入る、

席入りまでのシーンを、演出を考えデザインしました。

05

06

10Mの檜のカウンターの存在感、最高級のてんぷらを

カウンター腰に頂く贅沢は、是非カウンターで頂きたいです。

また、旬の食材を保管する、氷の冷蔵庫は、

初代駿河台の山の上の伝承です。

氷の冷蔵庫は、湿度が奪われず、最高の保管との事です。

07

奥には、6名個室があり、客席すべての椅子テーブルは、

桜製作所によるものです。

個室のテーブル椅子は、桜製作所のブックマッチ

ジョージナカシマのコノイドチェアーです。

08

茶屋を面して、隣には個室VIPカウンター6席があり

貸切、また裏口があるのでお忍びも可能です。

こちらも、檜カウンターで高級感を演出します。

60坪60席、かなりゆとりのあるレイアウトになっています。

味は言うまでもなく、最高です。

桜製作所の家具、檜のカウンターでてんぷらを是非ご賞味ください。

 

・・・process・・・

IMG_6558

これが10M檜、すごい迫力、加工前です。

名古屋まで、みなさんと視察。

IMG_6702

加工後、10Mをトメに加工します。

中杢、赤身の上質なものです、この長さ、質はそうないと思います。

IMG_6705

こちらは個室VIPカウンターの檜です。

板目が美しいです。

IMG_7100

こちらは茶屋の、カウンター(栗の木)

ちょうど皮があった、波目をうまく利用します。

続いては、桜製作所様です。

テーブル1

椅子1

ã__ã_¤ã__ã_§ã_¢å¡_è£_å¾_

こちらは桜製作所工場視察です。

個室用のブックマッチテーブル、板の選定の確認です。

IMG_7837

こちらは、タイム&スタイルのミュージアム什器

銀杏面、トメ加工、R面などディテールがすばらしいです。

 

2017年ラストの投稿になりますが、すべりこみ今までの

WORKはすべてご紹介できました。

まだまだ、お伝えしたい記事がありますので

来年に持ち越しさせていただきます。

また、来年には旅館が竣工予定です。

引き続き2018年もよろしくお願いします

金子 倫明

 

 

 

 

 

SANGA(会員制レストラン)

SANGA(会員制レストラン)2017.07

檜カウンター、木格子、漆喰、織部タイル、ジョージナカシマの家具

素材からアートまでこだわった店舗です。

01

エントランスは、外路地をイメージして、黒をベースに構成しました。

床には、艶のある瓦タイルを使用、打ち水の後のように行灯の光が映りこみます。

第一幕、非日常への入り口を演出し、期待感を高めます。

03

第二幕、非日常空間から、居心地の良さの空間へ

伝統様式や、素材にこだわり、プレミアム空間をつくります。

さらに檜の無垢材カウンターは、手触り、香りなど五感で高級感を演出します。

08

第三幕、奥に配置された隠し扉の奥に存在する、静寂で優雅な

6名VIPルームは、織部焼のタイルや、桜製作所のテーブルなど

高級な設えの個室です。

商談、パーティーなどに最適です。

 

料理も和を主体としたコース料理と、選りすぐりのお酒がいただけます。

数回利用させていただいていますが、毎回メニューが変わるのと

ある程度リクエストを聞いてくれるところも、顧客を知りつくした

会員制ならではですね。

・・・note・・・

01透かし欄間1

伝統様式の透かし欄間に、照明を仕込みモダンに演出しました。

03グラス箪笥

茶箪笥をイメージした、グラス収納、銀杏面加工や、押し縁にR面を取るなど

ディテールにこだわりました。

06小倉織り1

09小倉織り4

タイムアンドスタイル社の椅子の張り地には

江戸時代初期から袴や帯に使用されていた、小倉織を使用しました。

生地も強く、椅子にも適しています。流れる柄と色が、

モダンの和をイメージさせます。

IMG_6753

IMG_6751

オーナー様、コレクションの中の魯山人。

12魯山人1

13魯山人2

サイズイメージから、場所と見せ方をデザインします。

14千住博

千住博、ウォーターホール

15篠田桃紅1

17篠田桃紅3

篠田桃紅、104歳現役です。

モダンの空間にマッチします。

以上お店のご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

hotels⑥

2014年夏に滞在した、リッツカールトン沖縄です。

旧喜瀬別邸の跡に、改修を経てオープンしたホテルです。

喜瀬別邸は10年ほど前に、沖縄の仕事が多かったので、琉球スタイルを

参考にさせて頂いた思い出があるホテルです。

riz2

開放感あるロビーです。

モダンな空間に、琉球石灰石の柱や、木材のチークなどを使用していて

琉球感が伝わってきます。

riz1

前回のブセナテラスは、車寄せよりロビーに入ると

高台からの海の眺めでしたが

リッツは、同じ構成ですが、ロビーに入ると、中庭の水盤です。

こちらもサッシが大開口で開いていて、とても印象に残る空間です。

riz5

プールは施設内にあり、気軽に入れます。

プライベートビーチもありますが、車の送迎にて

他ホテルのビーチの一角に、サービス小屋を建てたものです。riz4

RIZでは写真を撮るのも忘れてしまうぐらい、リラックスできました。

こちらの写真は、竹富島のコンドイビーチです。

夕方から人が減り、少しプライベート感がある、コンドイビーチの夕景です。

沖縄の夕景はとてもきれいです。

 

 

 

宿泊施設デザイン

・・・2017年ここ数年、宿泊施設の設計、デザインが増えています。

ビジネスやカプセルのような、ローコスト宿泊施設

または、一泊数万の高級宿泊施設の、両極端化が主流に思えます。

今回は、ローコスト宿泊施設デザインのご紹介です。

T1

T3

T2

富士宮に、カプセルホテルデザインのご提案

外国の方を含めた、観光客ターゲットです。

和の要素をモダンに用いてデザインしました。

T4

T5

T7

T6

続いては、ビジネスホテルのエントランス、レセプション、レストランの

主要箇所のデザイン提案です。

カジュアルで清潔感ある、明るい空間のデザインです。

T14

T13

T12

T8

T9

T10

T11

その他もろもろです。

現在、高級宿泊施設の工事も進んでいます。

近日、WORKにてご紹介させていただきます。